■鏡開き
部屋に飾っておいた鏡餅をさげ、つちで割って砕き、おしるこに入れて食べる行事で、一月十一日に行なわれます。

"割る"は、おめでたい日には忌み言葉なので"開く"というわけです。

これを食べると、その年は無病息災ですごせると伝えられてきました。


■どんど焼き
さいと焼き、左義長などとも呼ばれ、一月十五日に行なわれます。

正月飾りや書き初めを集めて焼く行事で、灰が高く舞い上がると"字が上がる"つまり字が上手になる、と伝えられてきました。

また、この火で焼いた餅を食べると疫病をはらう、とか、この火にあたると風邪をひかない、などという地方もあります。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 

正月飾りの始末

一月七日は『七日正月』ともいい、地方によっては行事がありますが、現在では、ほとんど七草がゆを食べる程度になっています。

この日で松の内が終わり、門松などの正月飾りがはずされます。

小正月といわれる十五日にする地方もあります。

取りはずされた飾り物は焼却しますが、みんなで持ち寄り、十五日に焼く行事が『どんど焼き』です。

しかし、都市部では、どんど焼きどころか、各自が焼却することさえできかねる環境です。

ゴミとして処分する場合は、ほかのゴミと別に、紙に包んで捨てるぐらいの心づかいがほしいものです。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 
除夜の鐘が鳴り終わると、有名神社へ大勢の参拝客が集まりますが、昔は、陰陽道の占いで示す、その年のもっともよい方角(恵方)にある神社に参詣したもので、初詣のことを恵方まいりともいいました。

混雑した有名神社でなくとも地元の氏神にまいれば十分です。

初詣は元日とは限らず、正月三が日、もしくは、松の内(七日まで)にすればよいとされています。

参詣するときには、御手洗(手水舎)で手と口をすすぐのが正式の作法です。

口をすすぐといっても、プクプクとうがいをすることではありませんから気をつけましょう。

参詣後は、初詣のしるしに、破魔矢などの縁起物を買うのもよいでしょう。

破魔矢はもともと男の子の前途を祝うための正月用装飾玩具で、"魔を破る"という通説から、江戸時代の初期頃からだんだん新春の縁起物とされるようになったということです。




JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 

お中元

"中元"とは7月15日のこと。

中国で、一種の罪ほろぼしの日として祭りをし、神様に金品を供えた日でした。

日本では、お盆の贈答の習慣とこの中元の祭りとが結びついて、現在のような形式になりました。

したがって、6月の末日から15日までにすませます。

旧盆で行なう地方では8月15日まで、となります。

遅れたら『暑中見舞い』『残暑見舞い』とし、挨拶状を添えます。

品選びのコツは、相手の事情にくわしくない場合は、家族みんなで使える物、いくつあってもよい物、使いきってしまう必需品、郷里の名産などを贈るのが無難です。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
床の間にはおめでたい絵の掛け軸をかけ、正面に鏡餅を、その上手に屠蘇セット(または、めでたい置き物)を、下手(床柱側)に生け花を飾ります。

生け花には、松竹梅のほかに葉ぼたん、千両、水仙、万年青、福寿草などが使われます。

床の間がなければ、サイドボード、飾り棚、タンスの上などの高い場所に、それなりの飾りかた、つまり花びんに一枝の松や梅、一輪の水仙をさすだけでもいいのです。

正式な生け花ができなくても、おめでたい花を飾るだけで気分が違います。

洋風の家なら、家のインテリアに合うような飾りつけの工夫をし、自分の趣味を生かして、フラワーデザインや折り紙などで、お正月らしい雰囲気を盛り上げるとよいでしょう。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 

心地よく会話をするには

前回までは、会話を好意的に理解をしてもらうことの大切さを記してきました。

今回は、会話の正しいキャッチボールの仕方について記したいと思います。

(2)会話はキャッチボールと同じ
この、相手に配慮した話しかたとしてのマナーは、正しいキャッチボールの要領と同じと言われています。

とりやすいところに投げるように、ボールコントロールに注意をする。

そしてボールの返球も同じように投げかたが配慮されている。

この繰り返しが正しいキャッチボールであるのと同じように、相手が快く聞きやすいような、言葉、言葉遣いなどに気をくばり、一方、聞き手としても、先方が話しやすい雰囲気を考慮しながら、正確に話の内容を理解するよう努めなければなりません。

こうすることによって、相手も話しやすくなり、会話のキャッチボールがスムーズにいくことでしょう。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 
例え相手が会話の内容を悪意で理解したとしても、学生同士であれば、時間と共に傷口が治りやすいことは前回記しました。

しかし、社会人で、しかもビジネスのからんだ人同士の会話の場合では、そのような安易な解決には至らないものです。

それは、対立した利害関係の上で会話が行われることが多いからです。

たとえば、販売側の社員と購入側のお客の立場をみれば、品物を売ることによって売り上げ利益を求める社員に対し、客は、商品(サービス)を受け入れる満足を得たいという欲求と、金銭を支払わなければならないという苦痛の、一種の「はかり」の上に立っているのです。

こうした立場の違い以外に、年令、地位、身分、さらには、話をする相手の個人的背景など、まったく異なった立場の人に対して、好意的な理解を求める話しかたをするのですから、ただ、思ったことをそのまま口に出す単純な話しかたではなく、充分な気くばりのこもった工夫が必要となってくるのです。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 
取引先からの苦情の電話は、その取り扱いが厄介です。

苦情の理由が、正しい言い分である場合も、また誤解による間違った言い分である場合でも、先方は多分に感情的に怒っていることが多く、しかも、余計にこじらせると会社のイメージに傷がつくおそれも生じます。

そこで、苦情を述べるときの心理状態を考え、相手のペースに巻き込まれることなく、冷静に、おだやかな態度で先方に接すべきです。

(1)先方の話をよく聞く
ともかく相手の言い分を冷静によく聞きます。

途中でこちらが弁明しようとしますと、火に油をそそいでしまいます。

(2)丁寧に詫びる
こちらの手違いであったときは、誠意をもって謝ります。

そして修正の方法を伝えます。

(3)丁寧に説明する苦情の原因が実は相手の誤解であった場合でも、誤解をさせてしまったという意味で、サービス業などでは、一応は詫びの言葉を入れておきます。

そして、先方に納得のゆくように丁寧に事情を説明します。

相手のミスを責める形でなく、どういう事情で誤解をしたかを、相手自身の方で気づかせるという説明方法が一番よい説明です。

(4)切る前のあいさつ
苦情の電話が終了する前に、最後のあいさつをします。

こちらの手落ちのときには、今後よく注意する旨を述べて、再び謝り、また、先方の誤解によるものであっても、「失礼いたしました。」と告げ、相手の反感を、逆に今後の好意に転換しうるよう努めてみます。




JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 

キャッチボールのマナー その1

話すことは、相手が聞いており、相手の話はこちらが聞いています。

つまり、話は会話によって成立しているわけですが、話しかたのマナーは、この会話がすらすらと順調にゆくために必要であるということになります。

(1)好意的な理解をしてもらう
同じ事実を伝える場合でも、相手がどのような気分で内容を理解するかによっては、話の結果が大きく違ってくるものです。

好意をもって聞いてくれると、話の応答にも好感がこめられ、悪意で理解した場合の返事には、やはり好ましくない雰囲気が感じられるものです。

この点について、学生同士の会話では、比較的お互いに張り合う利害関係が存在していない場合が多いので、仮に気まずい雰囲気に陥った会話でも、時がたてば、その傷口は簡単になおりやすいものです。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会 
他人の目の前での立ち居振る舞いを、全部といってよい程、エチケットに関係があるのですが、ここでは、通勤・帰宅途上の風景から、気になる行動を列挙してみます。

(1)混んでいる電車のなかで

出入口の近くでがんばりとおす
隣の座席と間隔をあけてゆったり座る
自分の荷物を隣の席の上におく
会社の内輪話を大声でベラベラしゃべる
大きく漏れてくるイヤホーンからの音楽
肩掛けカバンをはずさない
新聞を大きく広げて読む
足を踏んでもあやまらない
口臭をふりまく
無言で乗車口に突き進む

(2)ホームや駅の周辺にて

乗車口の整列を横目で見ながらまん中に立つ
指定されていないところでの喫煙
ガムのゴミ箱以外での使い捨て
指定しているのとは逆側の通行
ベンチの椅子の荷物おき
追い越しのできないエスカレーターの二人並び
後ろの人に関係なく行うドアの開閉
待っている人を無視する
公衆電話の長話
狭い道路の横並びのダラダラ歩き
何が慌ただしいのか声高の携帯電話

さて何か身に憶えのあることはないでしょうか。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

婚約解消の正当事由 その2

病気などの場合は、別に相手に落度があったわけではないのですが、まだ結婚をしていない者に、そのような結婚生活を送らせるわけにはいきませんから、正当な理由と判断されるわけです。

これには、身体的、心理的な面だけではなく、経済的な面、たとえば、男性側の収入状態、資産状態などが極度に悪化したという場合も含まれるでしょう。

しかし、多少月給が下がったとか、資産を失ったとかいうことは、結婚生活そのものの本質に影響はありませんから、正当な理由とはいえません。

男性の財産のみを目当てに婚約した女性が、男性側の家の財産の消失を理由に破約するには、損害賠償を支払う必要があるわけです。

正当な事由の三番目には、二人のあいだに婚約解消の合意が成立したときが挙げられます。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
婚約解消の正当な事由ですが、これは、ケースによってさまざまで、ある意味では離婚の場合よりむずかしいといえます。

だいたい内縁関係の解消の場合の事由が準用されますが、婚約には、将来の結婚を念頭において、お互いの性格、生活態度などを知り合う、という試験的性格が認められていますから、それよりやや幅が広いのが特徴です。

婚約の解消の正当な事由の第一は、相手方に不貞な行為があったとか、虐待、侮辱を受けたとかいう場合です。

また、正当な理由もなく、いたずらに挙式、届出などを延期するというような行為も、正当な事由になります。

第二に、精神病にかかったとか、その他の病気、事故などで不具者になったため、通常の結婚生活が望めなくなったような場合があげられます。



JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

仲介者から見た現代若者気質

見合いから結婚へ、何組もまとめた名仲介者は、つぎのようにその経験を語っています。

「今の若い人たちは男女とも結婚相手に高望みというよりも、虫のよい考えを持ちすぎていますね。

相手の容姿、家庭、学歴、性格、収入について勝手な熱を吹いているが、はたして自分はどうなのか、考えてみたことがあるのでしょうか。

だから、その点を仲介者が突っ込んでいくと、はじめの主張がシドロモドロになって、案外簡単に妥協してしまう傾向があります。

それでけっこう結婚してからうまくやっているようですよ」

相手に完全さを求めるのでなく、お互いに欠点の少なくない二人が一生けんめいに協力してお互いに自分たちの欠点を埋めあいながら、よりよい生活を築いていく - それが結婚の本質であることを、仲介者は若い二人によく教えてあげたいものです。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

見合いの主催者は仲介者ということはすでに記しましたが、主催者である以上、見合いの費用は一応仲介者が負担しなければなりません。

仲介者の自宅の場合はともかく、喫茶店やレストラン、料亭などでの見合いのあと、勘定の支払いを「私のほうで・・・」「いえ、私が・・・」と男女双方が持とうとして争うことがありがちですが、そんな見苦しいことにならぬように、あらかじめ費用は仲介者が一応負担するということを双方へ伝えておくか、あるいはハッキリと合理的に割り勘で払って欲しいと伝えておくほうがよいでしょう。

依頼したほうでは、仲介者が負担した費用に見合う額を、あとから双方半分ずつ出し合って届けるか、またはあらかじめ予算より多いめの金額を仲介者に届けておくのがふつうの礼儀です。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

父の日と"お父さん"

母の日があって父の日がないのは片手落ち、と制定されたのが、6月第三日曜の"父の日"だといいます。

奥さんや子どもたちからネクタイなどをプレゼントされ、夜はビールや一本つけてもらって、お父さんありがとう!といわれて、大喜びというのですが、そんな日があることさえ知らず、ただせっせと働いて、さまざまな屈辱にたえつつ、とにかく妻子を養って、あまり感謝されないどころか、お父さんの月給じゃ・・・と口ぐせのようにいわれ、しかもみんなから頼られているのが、もっとも父親らしい姿でもありそうです。

父は永遠に悲壮である、といった人がいますが、親であることのむずかしさは、父も母も変わりないと言っても良いでしょう。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
振舞宴の配膳に落度なく、お燗酒も注ぎまわられたのを見渡すと、媒酌人は、「下座にさがるべきですが、失礼いたしまして」と断わって、

新夫婦を紹介、今後の交誼と援助を依頼し、招待客を代表する人に祝辞と訓話を乞い、

最後に新郎の父とか伯父、兄などが、「このたびは村上様ご夫婦のご媒酌により、息子の結婚式を挙げることができまして、ここにささやかな披露の宴を催した次第ですが、皆様にはご多忙中をおいでくださいまして、新郎新婦ならびに私ども一同厚く御礼申し上げる次第 でございます。

とくに○○様よりはご総代として、ご丁重な祝辞を賜わり、光栄のいたりに存じます。

なんの支度もございませんで、はなはだ失礼ですが、なにとぞおくつろぎくださいまして、ゆるゆるご歓談くださいますよう、一言 お礼のご挨拶を申し上げます」

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

飲めや唄えの家庭でのご披露

家庭で行なう古例にのっとった振舞式では、仲人に伴なわれた新郎、新婦は末座にすわりますから、ホテルなどでの披露宴に彼らが人々の上席をしめる今の新しい流儀とは異なるわけで、たいていは仲人の紹介や新郎、新婦のあいさつや、来客の祝辞もそこそこに、いわゆる飲めや唄えよとなります。

しかも、それは、いつ果てるとも知れない長夜の宴で、酔うて倒れて目が覚めればまた飲むといったぐあいで、きょうは親歳、あすは近所の人、あさっては部落の有力者、しあさっては友人、そのつぎは下男、下女と幾日となくつづきます。

これは村内婚と違って、双方未知の人々を、にわかに親密にさせる必要があるばかりでなく、村域を越えた通婚であるから、各方面の了解を取りつけておくためでもあって、日ごろの蓄積をいっぺんにはき出すどころか、莫大な借金を抱えることもめずらしくありません。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
結婚中の費用、つまり生活費、子どもを育てる費用など、すべての出費は、夫婦がその資産や収入、そのほかあらゆる事情を考慮して、平等に分担します。(民法第七六〇条)

これは夫婦が生活費を半分ずつ出すという意味ではなく、男女の能力における平等と解してよいでしょう。

また、夫婦の一方が、日常の家事に関して、第三者とのあいだに債務を生じたときは、夫婦は連帯してその責任を負います。(同第七六一条)

もし、夫婦の財産契約の内容が、これらの法定財産制と異なるときも、結婚の届出までにその登録をしなければ、これを夫婦の承継人(権利または義務をそのまま引きつぐ人)や、第三者に対抗することはできません。(同第七五六条)

たとえば、それは妻がかってにした借金だから、わたしは知らぬ、と夫が突っぱねようとしても、通らないことになるのです。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

見合いの席と引き合わせ例

見合いというと以前は、きらびやかに着かざって、劇場などを利用することが多かったが、最近の傾向としては、服装もいわゆるふだん着なら、場所も親しく話しあえる知人の宅とか、仲人の家とかがよろこばれるようです。

あらかじめ時間を打ち合わせた上、女性側と男性側が同時、あるいは女性側が着席したところへ、男性側がはいってくるというのが一般で、仲人が紹介する順序は、みんなが初対面とすると、父、母、兄、姉、本人となるのが自然ですが、本人第一主義でいくのも悪くないでしょう。

それが全然未知の間柄ではなく、親たちが初対面ですと、重点はいくぶん、親のほうにいきます。

話題はやはり男の側から持ちかけるべきでしょうが、"△△子さん、お花のほうはつづけていらっしゃいますか。△△さんの華道は大したものなのですよ。"式に、仲人がきっかけをつくったりするのもいいことです。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

用意した言葉のなかに、臨機応変に機転をきかせ、その場のムードにふさわしい言葉を入れるようにします。

最初が肝心です。

出だしのあいさつが成功すると、あとの進行もスムーズに運べるものです。

司会者は、媒酌人のあいさつ、主賓の祝辞を頼む時は、氏名・肩書、新郎・新婦との関係などを、簡単に紹介するようにします。

あいさつ・祝辞の終わりには、「お心のこもったお言葉ありがとうございました」とお礼を忘れずに。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

受付でのマナー その2

代理で出席する場合は「○○の代理の△△です。○○がよんどころない急用のため、私が代理で伺わせていただきました」と述べ、○○代人△△というように署名します。

受付では名前を名のるだけでなく、招待状も差し出すのが正式なエチケットです。

この際、署名簿を示され、サインを求められたら、前の人にならって氏名を記入します。

この署名簿は結婚した二人の貴重な記念品となるものですから、尻ごみしたり、無用な遠慮はかえって失礼です。

字の巧拙などにとらわれず、必ず署名するようにします。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
参列者は定刻の三十分前から、遅くとも十分前には会場に着くようにします。

ふつう、受付は三十分くらい前から準備して招待客の到着を待ちますが、あまり早く着きすぎると、先方に気をつかわせることになりますので、早く着いた時はロビーなどで時を過ごし、十分くらい前に入るようにするといいでしょう。

会場に着いたら、まずクロークへ行き、女性のハンドバッグ以外の、不要な物やコート類を預けます。

女性は化粧室で髪の乱れやお化粧、着くずれなどを整え、身づくろいをして受付へ行きます。

受付では、まず受付係の人に「本日はおめでとうございます。新郎の友人の○○です」とあいさつします。

新郎側の招待客か新婦側の招待客かをはっきりと名のり、受付係の人が招待者リストをチェックする時に、時間の無駄を省くのに協力します。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
新婚旅行の費用をどのぐらいかけるかは、カップルによって様々ですが、お金をかけるほど立派なものになるわけではないのは、結婚式の場合と同じです。

新婚旅行は観光旅行ではなく、新しい生活を始める前に、旅というふたりだけの時間をもち、夫婦としての愛情と理解を深め合う機会を作るためのものです。

その意味では、目的地はどこでもいいわけで、ことさら豪華な旅行である必要はないといえます。

とはいえ、一生に一度の記念すべき旅行でもあり、何かと心も浮きたって、あれこれとプランを練りたくなるわけです。

結婚の総資金に余裕があり、新婚旅行の予算がじゅうぶんある場合なら、海外旅行でも国内のデラックス旅行でもお好み次第ですが、あまり余裕がないときに無理に欲張るのは考えものです。

旅行から帰ってからの生活にも、ある程度の経済的な余裕が必要ですから、結婚式、披露宴関係、個性派の自己流ハネムーンの費用や新居の準備金など、結婚資金を配分するときに、旅行後の生活のことも頭に入れておきます。

また、旅費、宿泊費などの大型予算の他に、旅先での飲食費おみやげなどのこまかい出費もけっこうかさみますから、その点も考慮して予算をたてます。

旅行のプランをたてるときは、欲張らずに予算の枠内におさめて、きちんとしたプランにする堅実さがたいせつです。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
かつての里帰りは、挙式後の三日あるいは五日などの奇数日に、新婦が実家へ帰るというものでした。

現代では、この習慣にのっとって里帰りをすることは、めったにありません。

以前の里帰りは、新婦の骨休めと新婦側の関係者に対して、結婚のおひろめをするためのものでした。

現代は、両方の関係者を集めて披露宴をしますから、挙式後、特にあらたまっておひろめをしなくてもよくなったわけです。

このように、現代の生活習慣から考えてみても、あえて形式にのっとって里帰りをする必要もないように思われます。

では、まったくあいさつをしなくてもよいのか、というと決してそうではありません。

まず、新婚旅行から帰ったらその日のうちに電話で連絡を入れ、まとまった休みがとれたら、あらためて夫婦そろって出向くようにします。

結婚後、夫婦で実家を訪問するこの日が、現代の里帰りといえるのかもしれません。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

結婚祝いのお返しについて

結婚祝いをいただきながらも、やむをえず披露宴に招待できなかった人、招待したけれども事情により出席できなかった人には、「お祝い返し」をします。

お祝い返しといえば、以前は、目上の方に対しては、もらった額の半分、友人には同額、目下の人には倍の額に相当するものを贈る、というならわしがありましたが、現代では、目上、目下の区別なく、半額程度の品物をお返しするようになっています。

また、金額にこだわらずに、新婚旅行のおみやげを贈ったり、お祝いをくれた人がよろこびそうな品物を選んだりしてもよいでしょう。

要は、二人のお礼の気持ちがそのまま通じればよいのです。

お返しの品にはのし紙をかけて「内祝」あるいは「寿」と表書をし、下段に姓を書き入れたものを贈ります。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
お正月のあいだお供えしていた鏡餅を、11日に食べて祝う習慣を鏡開きといいます。

年神さまのお供えものをお裾分けしてもらうことで、その家の家運が開かれ、一年の無事息災が約束されるという意味がこめられたものです。

お雑煮やお汁粉などにして、家族全員で食べて祝います。

なお鏡餅は、包丁などの刃物を使わず、手でちぎったり、割ったりするか、それが無理なら、金づちで打ち砕くかします。

これを「鏡開き」と称するわけです。

また、鏡開きの行事には、「歯固め」というもうひとつの意味もこめられています。

年頭に、固くなったお供えものの鏡餅を食べて、新しく始まった年を、丈夫な歯で過ごせるように祈願するという意味です。

つまり、丈夫な歯をもつことは、何よりも健康を保つということなのでしょう。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

節分は神聖に春を迎える行事

節分とは、本来は季節の変わり目を指し、立春、立夏、立秋、立冬の前日を称したものです。

が、のちに、節分は立春の前日、つまり大寒の末日をさしていうようになりました。

節分には、家の内外に豆をまく「豆まき」のしきたりがあります。

この豆まきの習慣は、平安時代から行なわれるようになった「追灘式」と呼ばれる行事(もとは中国から伝わった、悪鬼を追い払う行事)が、新しい季節を迎える節分と、いっしょになって行なわれるようになったものです。

節分は新しい季節の訪れであり、「立春正月」といって尊重するのが習わしでした。

節分の当日は、豆をまいて鬼を追い払い、春の訪れを恭しく迎えるという意味がこめられていたわけです。

現代も各地方にさまざまな節分のしきたりが伝承されており、新年を迎える行事として欠かさず行なわれています。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
人間は十人十色といわれるが、年齢・性格・感情・信条・価値観の違い、生活環境・立場・地位の相違などがものの考え方に大きく影響し、これが意思疎通のネックとなる。

(1)人間は感情の動物。
虫の好かない者同士は意思が通じにくい。

(2)気心の知れない相手には警戒し、通り一遍な応答に終わる。

(3)相手に対し、固定観念・先入観を抱くときは、素直に受けとめない。
ひとり合点や誤解・カン違いが生まれる。

(4)感情や精神の不安定のとき・・・体調が悪い・叱責された・トラブルやショックを受けたあとなどは、意思の疎通はいい加減となる

(5)表現力・理解力の不足のとき・・・話し手のあいまいな表現。
聞き手の理解不足。

(6)言葉の多義性からくる誤解や間違った解釈
(日本語の同音異語・・・貴社、帰社、記者、汽車など)によるもの

(7)当事者の立場や価値観の相違により、たとえば「賃金」というコトバは、経営者は「コスト」、労働者は「労働の対価」と、異なる解釈をする

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

効果的なコミュニケーション

わが国の古い風習の中で、たとえば女性は、"人前で、べらべら喋るものではない"などと表現を抑制することが、あたかも美徳とされていたせいか、日本人のコミュニケーションは、きわめて消極的・内向的だ。

(1)話下手だから、できるだけ人前で喋らないほうが無難だ
(2)思ったことの十分の一もいえない
(3)その場で話がまとまらないと、話のわからないヤツと思われる

こうした心理が働いている。

そのためコミュニケーションについて本質的な理解がもてずに、短絡的に結論を求める面がみられる。

〈意思表現を建設的に処理する方法を学べ〉
(1)    話下手と思わず、恥意識を捨て、自己の意見を正しく、フランクに伝達する

(2)    思っていることの十分の一も言えない、などと考えずに、自己中心から対話中心に切り換え、相手と十分な意見交換を行なう

(3)    その場で結着などと考えずに、繰返し話し合い、合意点を発見する

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
"巧言令色鮮し仁"・・・「口先の巧みなひとに人格者は少ない」または「口先のうまいひとは油断できない」ということであり、このほかに「口先男」「舌先三寸」「差し出口」「誰弁を弄する」といった故事・ことわざの類がある。

古い社会規模では、口数の多い人は、軽薄で信用がおけない、"口は災いの元"とした。

これに対して、「沈黙は金」「不言実行」「秘すれば花」と、寡黙を美徳とした。

日本語は、島国・純血・単一民族・均質的な身内社会で育くみ、"以心伝心"察しがよい。

面と向かって相手をやり込めるより、根回し・腹芸・コンセンサスが大切とされた。

"初めに言葉ありき、言葉は神(真理)なりき"・・・この聖書のことばは、西欧文化を貫く、表現を尊重する精神がみられる。

欧米のような大陸・異人種・異文化混在の国では、(1)ロジック(2)公平(3)平等 が厳しく求められる。

つまり、多種多様の寄り合いでは、論理的説明や客観的評価が基準となる。

国際化時代は"以心伝心"「腹芸」ではなく、異文化社会に通じる明確なコミュニケーションが重要だ。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会