問題の構造(JDPアセットマネジメント株式会社)

どんな問題にも、それを問題たらしめている問題の構造があるはずだ。

だから、ある意味では、その問題そのものの中に、問題を解決するしかけが隠されていることは十分考えられる。

この手法を使って問題を解決した例でおもしろいのは、あるスーパーマーケットの万引防止策である。

そのスーパーでは、頻発する万引に頭を痛めていた。

ベテランの監視員を雇ったりしてもみたのだが、いっこうに減る気配がない。

売り上げと在庫の数字のずれは、大きくなるいっぽうだった。

これには、監視員やカメラに頼る店員たちの意識の低さもおおいに関係していることはわかっていた。

あるとき、業をにやした店長が、ぼんやりしている店員の前で、わざと万引をしてやりたい思いにかられ、はたと思いついた一案があった。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2015年6月30日 05:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テレビ時代におけるラジオの生き方」です。

次のブログ記事は「万引を減少させる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。