自宅訪問には、時間を選ぶこと

個人的にも得意先の人と親しくしている場合、あるいは、ごきげんうかがいをかねて自宅を訪問することがあります。

こうしたときには、訪問のエチケットをよく守ること。

訪問には、時間の選択を間違えないことも大切。

そして、予告した時間内に帰ります。

万一、引きとめられても、辞退するのが訪問エチケットです。

自宅訪問は、一般には、休日、早朝、食事どき、深夜は避けるのがマナー。

ただし、得意先の自宅を訪問するというケースでは、休日を避けるわけにはいかないことが出てきます。

あらかじめ、都合をうかがって、アポイントを取ってからにすればよいでしょう。

JDPアセットマネジメント株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2015年9月28日 12:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「得意先の自宅訪問マナー(JDPアセットマネジメント株式会社)」です。

次のブログ記事は「コートは着たまま失礼をわびる(JDPアセットマネジメント株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。