夕ーンテーブルを回すときは会釈して(JDPアセットマネジメント株式会社)

中国料理は、楽しく和気藷藷とした雰囲気で食べることが最高とされますが、独特なマナーが要求される部分もありますので、心得ておきましょう。

ターンテーブルは、ほかの人が取っていないことを確かめてから、軽く会釈して回します。

また、回転させたときグラスなどを倒すおそれがありますので、大皿に添えられたフォークやスプーンは、ターンテーブルからはみ出さないように置きます。

料理は取り皿を大皿に近づけて取り分けますが、このときは人数を考え、適量をみはからいます。

中国では、親愛の情を表す意味で取り箸をつける習慣がなかったといわれ、返し箸(箸を反対向きに持って取る)も失礼とされますので、自分の箸やちりれんげは、いつもきれいにしておく必要があります。

また、取り皿は、料理が変わったとき、取り除いた骨や殻が残っているとき、調味料を変えるときなどに、新しいものと交換します。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2015年10月31日 08:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無作法な箸つかいいろいろ」です。

次のブログ記事は「おもな中国料理の種類と特色」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。