おもな中国料理の種類と特色

[北京料理]代表的な中国料理で、宮廷料理を軸に各地の美味が首都に集まって発達した。

塩味を基調に、味、姿とも豪華で品のよい仕上がりとなっている。

[上海料理]新鮮な魚介類を多用し、油、砂糖、醤油など調味料を多目に使って、こってりとした味に特徴がある。

[広東料理]比較的淡白な味つけで、西洋料理の素材や調味料も加味される。

「食在広州」といわれるように、広州料理が中心になる。

[四川料理]揚子江上流の寒い地方で、東南方系に比べて材料に制限があった。

香辛料を巧みに多用した辛い料理が中心。

スピーチは主菜が出されてから行われることが多い。

やむをえず中座する場合は、主要料理(燕の巣や鰻の鰭の料理など)が出たあとにする。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2015年11月11日 12:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夕ーンテーブルを回すときは会釈して(JDPアセットマネジメント株式会社)」です。

次のブログ記事は「児童文学(JDPアセットマネジメント株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。