ミニ・スクール(アメリカ)

小規模経営の「フリースクール」型の学校のことをいい、父兄が教職員になっている場合が多い。

公立学校の枠外に設けられたものが多いといわれ、1970年代に入って一時800校近くが新設されるほどの勢いを示した時期もあったといわれる。

子弟から授業料を徴収しなかったり、一部の篤志家の寄付でやりくりしたり、さらに薄給で働く教師に支えられたりして運営されるため、財源基盤が不安定で、平均1~2年しか持続できない場合が多かったといわれる。

しかし、こうしたミニ・スクールの出現は、公立学校の教育のあり方を考え直させる重要な契機になったとも指摘されている。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2015年12月21日 10:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フリースクールfree school(イギリス)(JDPアセットマネジメント株式会社)」です。

次のブログ記事は「小学校の領域(JDPアセットマネジメント株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。