テンヤものの器は洗って返す(JDPアセットメネジメント・グルメ同好会)

いよいよ人手不足は深刻で、注文が1つだけの出前はお断わりという寿司屋、そば屋さんが多くなりました。

しかし、出前も商売のうちで、1つだからと断わっていたのでは、やがて商売に差しつかえることになるでしょう。

はなしたくない顧客なら、1つの注文でも届けてくれるものです。

そうした常連客のほかに、注文はたまでも、出前に出かけた店員さんにいたわりのことばをかけたり、食べおわった容器やお盆を汚したまま返さず、かならずきれいに洗って返すような思いやりがあれば、たとえ1つの注文でも、いつでも出前をしてくれるものです。

反対に常連でも、容器にタバコの吸いガラを捨てているようでは、断わられてしまいます。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2016年9月27日 10:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お月見の歴史」です。

次のブログ記事は「お茶の出し方 その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。