2016年12月アーカイブ

魚料理用のナイフとフォークは、飾りがついているので、すぐに分かります。

両側から、同じ飾りのついたものを取ればよいのです。

ムニエルなど身のほぐしやすい料理は、フォークだけで食べてもかまいません。

フォークは肉でも魚でも、とがった先が下に向くようにもちます。

骨のある魚をいただくときは、まず上側を食べてから、中骨をナイフとフォークで取りはずし、皿の端に寄せて置いてから、下の半身をいただきます。

裏返すのはマナー違反です。

殼のついたロブスターなどは、ナイフを入れ、フォークで身をはずして、端からナイフで切っていただきます。

殼も骨と同様に、皿の端にまとめて寄せて置くのがスマートです。

すくいきれなかった細かい身はフォークでまとめておけばよいでしょう。

肉料理と違って、魚の場合はナイフとフォークを、力を入れずに軽く握るようにしてください。

魚用のナイフとフォークは力を入れなくともゆったりと握れるように、飾りで握りの部分が太くなっています。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

ワインの知識

食事をおいしく楽しいものにするためになんといっても欠かせないのはワインです。

魚料理のときは白、肉料理には赤、と一応決められていますが、いまでは、たとえ高級な店でも自分の好みに合わせて選んでかまいません。

一流の店では、ワイン専門のウエイターとしてソムリエがいます。

産地や年代など、ワインについて分からないことはソムリエに相談すれば、親切に教えてくれます。

ホストにはワインを味見する役目があります。

ソムリエがボトルを見せて、グラスに少しだけ注いでくれますから、口に含んでうなずけば、あらためてゲストを先に注いでくれます。

食事中、ワインをいただくときには、ナプキンで口をぬぐってからにしましょう。

料理の脂でグラスの縁が汚れると、同席の人に不愉快な思いをさせることになってしまいます。

一般的に赤ワインは室温で、白ワインは冷やして飲むのが常識となっていますが、これも好き好きでかまいません。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
上座の人が明らかに上司ではないと思う場合でも、自分で勝手に判断するのではなく、上座から出すのが基本です。

お茶を出し終えたら、「申し訳ございませんが、もう少々お待ちくださいませ。失礼いたします」と一礼して応接室を出ます。

(2)お客様と指名者が面談に入っているとき 指名者がすぐに来る場合は、お互いの挨拶がすんで席に着いたタイミングでお茶を出すのが最適です。

その際、会話の邪魔にならないように小さな声で「失礼いたします」といってお茶を出しましょう。

お茶を出す順番は、上座のお客様、下座のお客様、上座の社員、下座の社員の順です。

テープルの上に書類などが広がっている場合は、「こちらに失礼いたします」といって少し離れた場所にお茶を置きます。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会


このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。