JDPアセットマネジメント株式会社の最近のブログ記事

振舞宴の配膳に落度なく、お燗酒も注ぎまわられたのを見渡すと、媒酌人は、「下座にさがるべきですが、失礼いたしまして」と断わって、

新夫婦を紹介、今後の交誼と援助を依頼し、招待客を代表する人に祝辞と訓話を乞い、

最後に新郎の父とか伯父、兄などが、「このたびは村上様ご夫婦のご媒酌により、息子の結婚式を挙げることができまして、ここにささやかな披露の宴を催した次第ですが、皆様にはご多忙中をおいでくださいまして、新郎新婦ならびに私ども一同厚く御礼申し上げる次第 でございます。

とくに○○様よりはご総代として、ご丁重な祝辞を賜わり、光栄のいたりに存じます。

なんの支度もございませんで、はなはだ失礼ですが、なにとぞおくつろぎくださいまして、ゆるゆるご歓談くださいますよう、一言 お礼のご挨拶を申し上げます」

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
結婚中の費用、つまり生活費、子どもを育てる費用など、すべての出費は、夫婦がその資産や収入、そのほかあらゆる事情を考慮して、平等に分担します。(民法第七六〇条)

これは夫婦が生活費を半分ずつ出すという意味ではなく、男女の能力における平等と解してよいでしょう。

また、夫婦の一方が、日常の家事に関して、第三者とのあいだに債務を生じたときは、夫婦は連帯してその責任を負います。(同第七六一条)

もし、夫婦の財産契約の内容が、これらの法定財産制と異なるときも、結婚の届出までにその登録をしなければ、これを夫婦の承継人(権利または義務をそのまま引きつぐ人)や、第三者に対抗することはできません。(同第七五六条)

たとえば、それは妻がかってにした借金だから、わたしは知らぬ、と夫が突っぱねようとしても、通らないことになるのです。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
用意した言葉のなかに、臨機応変に機転をきかせ、その場のムードにふさわしい言葉を入れるようにします。

最初が肝心です。

出だしのあいさつが成功すると、あとの進行もスムーズに運べるものです。

司会者は、媒酌人のあいさつ、主賓の祝辞を頼む時は、氏名・肩書、新郎・新婦との関係などを、簡単に紹介するようにします。

あいさつ・祝辞の終わりには、「お心のこもったお言葉ありがとうございました」とお礼を忘れずに。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
参列者は定刻の三十分前から、遅くとも十分前には会場に着くようにします。

ふつう、受付は三十分くらい前から準備して招待客の到着を待ちますが、あまり早く着きすぎると、先方に気をつかわせることになりますので、早く着いた時はロビーなどで時を過ごし、十分くらい前に入るようにするといいでしょう。

会場に着いたら、まずクロークへ行き、女性のハンドバッグ以外の、不要な物やコート類を預けます。

女性は化粧室で髪の乱れやお化粧、着くずれなどを整え、身づくろいをして受付へ行きます。

受付では、まず受付係の人に「本日はおめでとうございます。新郎の友人の○○です」とあいさつします。

新郎側の招待客か新婦側の招待客かをはっきりと名のり、受付係の人が招待者リストをチェックする時に、時間の無駄を省くのに協力します。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
かつての里帰りは、挙式後の三日あるいは五日などの奇数日に、新婦が実家へ帰るというものでした。

現代では、この習慣にのっとって里帰りをすることは、めったにありません。

以前の里帰りは、新婦の骨休めと新婦側の関係者に対して、結婚のおひろめをするためのものでした。

現代は、両方の関係者を集めて披露宴をしますから、挙式後、特にあらたまっておひろめをしなくてもよくなったわけです。

このように、現代の生活習慣から考えてみても、あえて形式にのっとって里帰りをする必要もないように思われます。

では、まったくあいさつをしなくてもよいのか、というと決してそうではありません。

まず、新婚旅行から帰ったらその日のうちに電話で連絡を入れ、まとまった休みがとれたら、あらためて夫婦そろって出向くようにします。

結婚後、夫婦で実家を訪問するこの日が、現代の里帰りといえるのかもしれません。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
お正月のあいだお供えしていた鏡餅を、11日に食べて祝う習慣を鏡開きといいます。

年神さまのお供えものをお裾分けしてもらうことで、その家の家運が開かれ、一年の無事息災が約束されるという意味がこめられたものです。

お雑煮やお汁粉などにして、家族全員で食べて祝います。

なお鏡餅は、包丁などの刃物を使わず、手でちぎったり、割ったりするか、それが無理なら、金づちで打ち砕くかします。

これを「鏡開き」と称するわけです。

また、鏡開きの行事には、「歯固め」というもうひとつの意味もこめられています。

年頭に、固くなったお供えものの鏡餅を食べて、新しく始まった年を、丈夫な歯で過ごせるように祈願するという意味です。

つまり、丈夫な歯をもつことは、何よりも健康を保つということなのでしょう。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
人間は十人十色といわれるが、年齢・性格・感情・信条・価値観の違い、生活環境・立場・地位の相違などがものの考え方に大きく影響し、これが意思疎通のネックとなる。

(1)人間は感情の動物。
虫の好かない者同士は意思が通じにくい。

(2)気心の知れない相手には警戒し、通り一遍な応答に終わる。

(3)相手に対し、固定観念・先入観を抱くときは、素直に受けとめない。
ひとり合点や誤解・カン違いが生まれる。

(4)感情や精神の不安定のとき・・・体調が悪い・叱責された・トラブルやショックを受けたあとなどは、意思の疎通はいい加減となる

(5)表現力・理解力の不足のとき・・・話し手のあいまいな表現。
聞き手の理解不足。

(6)言葉の多義性からくる誤解や間違った解釈
(日本語の同音異語・・・貴社、帰社、記者、汽車など)によるもの

(7)当事者の立場や価値観の相違により、たとえば「賃金」というコトバは、経営者は「コスト」、労働者は「労働の対価」と、異なる解釈をする

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
"巧言令色鮮し仁"・・・「口先の巧みなひとに人格者は少ない」または「口先のうまいひとは油断できない」ということであり、このほかに「口先男」「舌先三寸」「差し出口」「誰弁を弄する」といった故事・ことわざの類がある。

古い社会規模では、口数の多い人は、軽薄で信用がおけない、"口は災いの元"とした。

これに対して、「沈黙は金」「不言実行」「秘すれば花」と、寡黙を美徳とした。

日本語は、島国・純血・単一民族・均質的な身内社会で育くみ、"以心伝心"察しがよい。

面と向かって相手をやり込めるより、根回し・腹芸・コンセンサスが大切とされた。

"初めに言葉ありき、言葉は神(真理)なりき"・・・この聖書のことばは、西欧文化を貫く、表現を尊重する精神がみられる。

欧米のような大陸・異人種・異文化混在の国では、(1)ロジック(2)公平(3)平等 が厳しく求められる。

つまり、多種多様の寄り合いでは、論理的説明や客観的評価が基準となる。

国際化時代は"以心伝心"「腹芸」ではなく、異文化社会に通じる明確なコミュニケーションが重要だ。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
昭和39年に開催された東京オリンピックを記念して制定されたのが10月10日の体育の日です。

この日は、オリンピックの開会式にあたります。

各地の学校、職場、町内会では、運動会が開催されます。

ひさしぶりに汗を流し、日ごろの運動不足を恨めしく思う人は少なくないことでしょう。

近代になってからのもっとも古い運動会の記録は、1817年、イギリスのネクントルギルというところでのもの。

徒歩競走、二人競走、手車競走、呼び子競走、レスリングなどが行なわれたといいます。

日本では明治7年の海軍兵学校でのものが最初です。

その後、東京帝国大学で開かれた帝大運動会は東京名物のひとつだったといいます

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
魚料理用のナイフとフォークは、飾りがついているので、すぐに分かります。

両側から、同じ飾りのついたものを取ればよいのです。

ムニエルなど身のほぐしやすい料理は、フォークだけで食べてもかまいません。

フォークは肉でも魚でも、とがった先が下に向くようにもちます。

骨のある魚をいただくときは、まず上側を食べてから、中骨をナイフとフォークで取りはずし、皿の端に寄せて置いてから、下の半身をいただきます。

裏返すのはマナー違反です。

殼のついたロブスターなどは、ナイフを入れ、フォークで身をはずして、端からナイフで切っていただきます。

殼も骨と同様に、皿の端にまとめて寄せて置くのがスマートです。

すくいきれなかった細かい身はフォークでまとめておけばよいでしょう。

肉料理と違って、魚の場合はナイフとフォークを、力を入れずに軽く握るようにしてください。

魚用のナイフとフォークは力を入れなくともゆったりと握れるように、飾りで握りの部分が太くなっています。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
上座の人が明らかに上司ではないと思う場合でも、自分で勝手に判断するのではなく、上座から出すのが基本です。

お茶を出し終えたら、「申し訳ございませんが、もう少々お待ちくださいませ。失礼いたします」と一礼して応接室を出ます。

(2)お客様と指名者が面談に入っているとき 指名者がすぐに来る場合は、お互いの挨拶がすんで席に着いたタイミングでお茶を出すのが最適です。

その際、会話の邪魔にならないように小さな声で「失礼いたします」といってお茶を出しましょう。

お茶を出す順番は、上座のお客様、下座のお客様、上座の社員、下座の社員の順です。

テープルの上に書類などが広がっている場合は、「こちらに失礼いたします」といって少し離れた場所にお茶を置きます。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会


いよいよ人手不足は深刻で、注文が1つだけの出前はお断わりという寿司屋、そば屋さんが多くなりました。

しかし、出前も商売のうちで、1つだからと断わっていたのでは、やがて商売に差しつかえることになるでしょう。

はなしたくない顧客なら、1つの注文でも届けてくれるものです。

そうした常連客のほかに、注文はたまでも、出前に出かけた店員さんにいたわりのことばをかけたり、食べおわった容器やお盆を汚したまま返さず、かならずきれいに洗って返すような思いやりがあれば、たとえ1つの注文でも、いつでも出前をしてくれるものです。

反対に常連でも、容器にタバコの吸いガラを捨てているようでは、断わられてしまいます。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
職場でのよい人間関係とは、「彼なら安心して仕事を任せられる」「あの上司の指示することなら間違いない」といった、仕事を通じた信頼関係に裏付けされたものでなければならないということなのだ。

では会社の中で、仕事を通じて信頼関係を得るためには何が必要だろうか?

そのキーワードかホウレンソウなのである。

ホウレンソウとはいうまでもなく報告・連絡・相談のことだが、このホウレンソウさえきちんとできていれば、多少人間性が合わなくてもコミュニケーションはうまくいく。

逆に、いくら合うタイプの上司と部下であっても、ホウレンソウが不足していれば、仕事はうまく運ばない。

仕事がうまくいかなければお互いが気まずくなるし、責任のなすり合いも生じる。

結局、性格が合ったとしても人間関係はぎくしゃくしたものになってしまいます。

その意味で、職場の円滑なコミュニケーションのために、そしてよい人間関係づくりのためにホウレンソウは欠かせないのである。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
人の一生はどうなるかわからない話の中にも人間関係として重要なこしている。

あなたが不良たちでありかで韓信をイジメテいるかも知れなうことだ。

先輩であったり、少しばである現在のあなたの立場は、決しはない。

5年後10年後、あなたの部下が上司にならないとも限らない。

年齢、学歴、性別、性格等、会社では多種多様なタイプの人が共通の目標に向かって仕事をしている。

当然、その人たちのなかには自分と気が合わない人、どうしても好きになれない人もいる。

逆に、「あの上司のためなら身を粉にして仕事をしよう」「あの先輩のためならどんなに大変な仕事でも頑張ろう」と、ポストや年齢を越えて信頼できる人にめぐり合えることもある。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
左隣りの人の前に料理の皿があって、ちょっとだけ回してこちらに戻せば自分も取れるのに、ということもたまにはあるでしょう。

そういう時に右回りが原則だからといって1回転させるのはおおげさかもしれません。

ですから少しくらいなら戻すのは許されます。

しかしその時も隣りの方に「ちょっと失礼します」と、断るくらいの心配りは忘れないようにしましょう。

また、ターンテーブルを回す時は次のことにも注意してください。

回す前に、他に料理を取っている人がいないかどうかを確認することです。

大皿から料理を取っている時に急にターンテーブルが回りだしたら、誰もが慌てます。

その方に失礼になりますから、くれぐれもよく確かめてから回転させましょう。

また、最初の料理、つまり前菜くらいは自分の皿に料理を取ってもさっさと食べ始めるのではなく、最後の一人が取り終わるまで待つのがマナーと心得ましょう。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
中国料理をいただくのだから合わせる飲み物は中国酒でなければならない、ということはありませんが、中国料理にはやはり中国酒が一番合います。

油っこい料理に大変マッチするのが中国酒です。

中国酒は黄酒(ホワンチュウ)、白酒(パイチュウ)、蔚酒(ヤオチュウ)、果酒(クオチュウ)、峰酒(ビーチュウ)、ブランデーなどの外来酒に大別され、中でも日本人に一番飲まれているのが黄酒です。

穀類を原料とした醸造酒のことで、その中で長い間熟成させてつくられるのがみなさんがよくご存じの老酒です。

本来は最低3年は寝かせた物でないと老酒とはいいません。

ところで紹興酒という名をお聞きになったことがあるかと思います。

みなさんの中には紹興酒目老酒と思っている方がいらっしゃいませんか。

しかし厳密にはそうではありません。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
お客様がご自分で取り分けていただく料理には必ずそれに必要なサーバーが添えられます。

大きめのスプーンとフォークのことですが、料理によっては取り箸であったり、フォークだけだったりします。

まずターンテーブルを回転させ、自分の前に料理がきたら取り皿を近づけます。

そしてサーバーを使って大皿から料理を移します。

本当はサービスマンのように片手でサーバーを使いこなせればいいのですが、慣れていないとなかなかうまくいきません。

無理してそうするより、両手を使って料理を取り皿に移したほうが見た目にもきれいです。

使い終ったサーバーは大皿に戻しますが、この時注意したいのはサーバーを浅く置かないことです。

柄が皿の縁から長くでるような浅い戻し方をすると、何かの拍子にサーバーが皿からこぼれ落ちたり、回転中にサーバーの柄が他の方のグラスにひっかかって倒す恐れがあります。

大皿には深く置くようにしましょう。

また、この時あおむけに戻すと、いかにも取りっ放しの印象を人に与えます。

どちらも伏せて揃えて置くようにしましよう。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
中国料理といって真っ先に思い浮かぶのはターンテーブル、そういう方も多いのではないでしょうか。

しかし、現実にはターンテーブルの使用は減りつつあります。

それに対して増えているのが取り分け式です。

サービスマンがワゴンの上で1人分ずつ取り分けてお客様におだしします。

しかし、本場香港はさらに進んでいて、西洋料理のように最初から1人1皿でおだしするウエスタンスタイルをとるところが多く、主流となっています。

英国領であったことが大きく影響しているのですが、前菜でさえ始めから1人1皿にきれいに盛りつけられてでてくるくらいです。

ターンテーブルは香港からは姿を消しつつあるといえます。

日本も最近は、香港のように1人1皿のサービス方式をとるところがでてきています。

ただし日本の場合はどちらかというと値段の高いコースの時に限られるようです。

香港と違ってこうすることで付加価値をつけようとする店側の方針によるものです。

中国料理は小盆、中盆という形でメニューにのっています。

~人前と目安が書かれていないので、どちらを何皿注文していいか戸惑われるかもしれません。

一般に小盆は2~3人前、中盆は4~5人前とお考えください。

他に大盆もありますが、これは小盆の倍の量で、値段は小盆の1・5倍とみてよろしいかと思います。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
ドルの還流の見事な企画は、すでに実行に移されているとのことだが、このために、一体、何百万人の血が流されているだろうか。

何百万人に悲惨な生活を強いているだろうか。

何千万人もから預金として集められた巨額のドルは、それを活用する企画によって、預金者の意思に関係なく、こうして人殺し用に使われてしまうのである。

企画は、恐ろしいことも平然とやってのける。

もちろん、これがあらゆる企画に共通する本質だというわけではないが、これも企画の一面であることは確かだろう。

企画の、この冷酷性を終始一貫して露骨に打ち出しているのが金融機関である。

そして、冷酷性を徹底して堅持し続け、人情やヒューマニズムには、いささかも妥協しない金融機関だけが繁栄している。

戦争煽動会議も、実際上は、自由主義陣営のドルを冷酷に活用して儲けるために、金融機関が企画したものである。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
老酒を頼むと今でも氷砂糖が添えられることがありますが、老酒は砂糖を溶かして飲むものではありません。

老酒は醸造酒で、熟成が進めば進むほど糖度が増す性質があります。

寝かせる内に自然に甘さがでてきますので、わざわざ新たに砂糖を加える必要がないのです。

誤った飲み方がいつのまにか浸透してしまったようです。

食事をする前に最初に行うのが「乾杯」です。

中国にも「乾杯(カンペイ)」はありますが、その内容は日本とずいぶん違います。

日本では普通「乾杯」は最初の1回だけです。

しかし中国では料理が運ばれるごとに行われます。

これは、前の料理で残った口の中の物をお酒で一度洗い流し、新たに次の料理を口にしようという意味合いから発達したものといわれます。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
日本人は手に器を持って食べるのがマナー違反でないことが多いために、中国料理でも取り皿を持ち上げて料理を召し上がっている方がよくいらっしゃいます。

しかし、中国料理のマナーとしては、取り皿は持ち上げないのが原則です。

テーブルに置いたまま、あとは箸を使っていただきます。

中国料理の中で手に持っていいのは箸・レンゲとご飯茶碗だけで、それ以外の物はテーブルに置いたままけっして持ち上げません。

ところで中国人は箸の使い方が実に器用です。

たとえば魚の骨が口の中に入ったとします。

日本人ですとつい手を使って取りだしたくなるのですが、中国人は違います。

箸を上手に使って簡単に取りだすのです。

ちなみにこの時手で骨を引っ張りだすのはマナー違反です。

日本では許されますが、本場中国ではくれぐれも注意してください。

箸についてもうーついえば、店によって象牙の箸がでることがあります。

しかし象牙の箸はすべりやすいという難点があります。

もし使いにくかったら遠慮なくスプーンやフォークを頼んでください。

また最初から丸い大きめのスプーンがセットされていることもありますが、これは「ふかひれのスープ」をいただく時などに用います。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
前菜の次は一般に煮込み料理がきます。

値段の高いコースほど、あわび、なまこ、ふかひれ、伊勢海老などの高級素材が使われます。

そのあとは、一般に揚物、妙め物、蒸物などの料理がきて、最後にスープが運ばれます。

これまで油っこい料理を食べてきて、口の中が少し油っぽくなっています。

それをスープでさっぱりさせるのです。

ただし、前菜の次にふかひれのスープのようなとろみのある料理がだされた場合などは、調理長によってはあとのスープを省略することもあります。

麺類やご飯類はお客様のご要望があれば別にだされますが、そうでなければコースに入っていることはまずありません。

ただし広東料理ではチャーハンや焼きそばがコースに組み込まれていることがあります。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
主賓に座っていただく席は、その部屋の中の上座です。

上座は出入り口から一番遠いところと覚えておきましょう。

しかし、あらかじめ上座の位置だけはサービスマンがお教えするのが普通です。

というのもサービスマンにとっても上座は大変重要だからです。

料理をお渡しするにも、飲み物をお注ぎするにもまず主賓の方から行うのがサービスの基本です。

そのため上座に間違いなく主賓に座っていただかなくてはなりません。

そうでなければ主賓をさしおいて他の方からサービスをするようなミスがおこるからです。

そのあとの方の着席順位については、おわかりでなければ遠慮なくサービスマンにお尋ねください。

的確にお答えします。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
中国人にとって食事は人生の大きな楽しみのーつといわれます。

人とワイワイいいながら、よく食べ、よく口を動かし、時間をたっぷりかけて食事を楽しみます。

またお客様を招いての食事ではもてなしの心を何よりも大切にします。

精一杯おもてなしをし、お客様に満足していただくのを大変重要なこととしているのです。

ですから招く側は必ず何日も前に店側と打ち合わせをし、料理の内容まで指示します。

日本のように値段だけ打ち合わせてあとは店任せということはしません。

今はそれほどではありませんが、一昔前までは招いたお客様が控え室にお揃いになったら、ホストはメインゲストから順に1人ずつ手を取るようにして個室に案内し、自らお客様にお酌をしたくらいです。

それほどもてなしの心に気を配るのが中国人であり中国料理なのです。

それだけに中国料理をいただく時は、特にお客様を招いての場合はいろいろな面で気配りが大切です。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
どのような料理にどのようなワインが合うかというと、たとえば生の素材を大切にした淡泊で繊細な魚料理にはすっきりとした味わいの辛口の白ワイン(アルザス産リースリング、ロワール産ミュスカデ)がよく合います。

サーモンのマリネなどの料理には、素朴な味の辛口の白ワイン(ボルドー産グラーブ)が、またステーキやローストビーフなどの肉料理には、豊かなふくらみを持つコクのある赤ワイン(ボルドー産サンテミリオン)が合います。

グラタンやクリームシチューですと、まろやかでコクのある中辛の白ワイン(ローヌ産コート・デュ・ローヌ)がふさわしいでしょう。

ただし、ボルドー産赤ワインの渋さが気になる方は、比較的口あたりが良く軽い感じのブルゴーニュ産赤ワインをおすすめします。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
自分の内面に起こる感情や願望などが、抑えられて無意識のうちに、まわりの対象に映し出される心の動き。

たとえば、同じ雲でも、疲れて休みたいと思っている人にとっては、蒲団のような雲と見えるであろうが、お腹のすいている人には、さつまいもに見えるかもしれない。

誰にでもこのような心の動きがあるところから、それを利用しての性格テストがつくられている。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
教育の目的を達成するためには、その目的に相応した教育内容を編成することが不可欠となる。

教育においては、目斡に照らした教育内容の大まかなまとまりや分野のことを、「領域」と呼ぶことが多い。

たとえば、学校教育の2大領域といえば「教科と教科外」を指し、さらに国語科では「聞く・話す・読む・書く」を4領域という場合もある。

幼稚園教育要領の「5領域」に対して、「小学校の領域」という場合、学校教育法施行規則第24条「教育課程の編成」や小学校学習指導要領の教育課程の中の区分を指す。

現行の場合でいえば、「各教科・道徳・特別活動」の3領域である。

戦後の「小学校の領域」は、「各教科・自由研究」(1947(昭和22)年)、「教科・教科以外の活動」(1951(昭和26)年)、「各教科・道徳・特別教育活動・学校行事等」(1958(昭和33)年)、「各教科・道徳・特別活動」(1968・1977(昭和43・52)年)と変遷している。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
フリースクールということばは、きわめて多義的に用いられ、またさまざまに分類される。

すなわち、ニールのサマーヒルの影響を受けた古典的ブリースクール、画一的義務教育に反対する父兄と教師の共同小学校、反戦・女性解放などの政治的・社会的問題に関心をもつ高校、伝統的学校の厳格な3R's学習を重視するコミュニティ小学校、などである。

近年のアメリカでは、公立学校の枠外の、児童・生徒の自由と人間性を尊重する新学校のことを意味する場合が多い。

とくに1970年前後から、私立学校として開校されるのが急増したが、財源的基盤が弱いために1~2年で閉校になる場合が多かったといわれる。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

児童・青少年を読者対象とする文学であるが、近年読書運動の展開の中で成人読者が増えたこと、また心理学、哲学などの分野からの注目もあって、読者対象の限定の必要は必ずしもない。

明確に子どもを読者対象とする文学が登場するのが1891(明治24)年、巌谷小波の少年文学「こがね丸」だが、その後はお伽噺、大正期には童話と呼ばれるようになる。

昭和期に入って児童文学の呼称が使われるようになるが、1960年前後に童話と訣別し、小説の手法によって現実に生きる子どもを描こうとする評論・長編創作がでるに及んで、児童文学の語が一般化、定着する。

児童文学の中には、幼年童話・童話、少年少女小説、伝記、童謡・詩、神話・昔話の再話、児童劇、研究・評論などが入る。

文学は、読者に読まれてこそ意味がある。

その点、視聴覚時代の青少年の活字離れ、流動する価値観の中で明確な子ども像の提示の困難な時代において、読者をひきつける作品創造が現代児童文学の課題である。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会
中国料理は、楽しく和気藷藷とした雰囲気で食べることが最高とされますが、独特なマナーが要求される部分もありますので、心得ておきましょう。

ターンテーブルは、ほかの人が取っていないことを確かめてから、軽く会釈して回します。

また、回転させたときグラスなどを倒すおそれがありますので、大皿に添えられたフォークやスプーンは、ターンテーブルからはみ出さないように置きます。

料理は取り皿を大皿に近づけて取り分けますが、このときは人数を考え、適量をみはからいます。

中国では、親愛の情を表す意味で取り箸をつける習慣がなかったといわれ、返し箸(箸を反対向きに持って取る)も失礼とされますので、自分の箸やちりれんげは、いつもきれいにしておく必要があります。

また、取り皿は、料理が変わったとき、取り除いた骨や殻が残っているとき、調味料を変えるときなどに、新しいものと交換します。

JDPアセットマネジメント株式会社(代表取締役・大橋直久)の同好会

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちJDPアセットマネジメント株式会社カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはJDPアセットマネジメントです。

次のカテゴリはJDPホールディングス株式会社です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。